問題特定と仮説検証の仕組み化で、
確実に施策が進む実感を。

詳細なヒアリングと全て顧客接点の調査から、問題特定を行います。
目的・ゴールを定め、仮説検証の仕組みを構築の上、定量的なモニタリングを行いますので、行った施策が成功なのか失敗なのか、把握しながらの改善が可能です。

  • 集客から登録・申し込み導線の改善施策
  • 販売最適化のための商品設計の見直し
  • 貴社の商品・サービスの認知から購入まで、ユーザー体験の最適化
  • 離脱原因解析と改善計画策定
  • 施策実行と検証の仕組み設計
  • WEB施策とリアルコミュニケーションの導線設計